スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

紹介 その1

ピグマリオンは焦がれる女神の姿を手近に置こうと
彫刻を彫り、そして、魂を持つに至ったその彫刻=
ガラテアをめとる。
彼が恋したのは魂を持つものか、持たざるものか。
話の元を辿ると、世に言うピグマリオンコンプレックス
という言葉が本筋とはだいぶ違う意味合いで使われて
いるような気がする。

前置きはさておき・・・。
私は現在、3.5人のヒトガタさん達と暮している。
女性が2.5人、そして男性が1人。
ドルフィードリーム(DD)という種類のドールが2体、1/6の
ドールが1体、そして、LUTS社のドールが1体。
そのうち、この場所では2体(2人)のドルフィードリームを
中心に運んでいきたい。

【この後、ドールの写真が表示されます。ご興味をお持ち
頂ける方のみ、参照下さい】

ということで、早速、私の一人目のガラテア、「鈴音さん」を紹介。<中>{}何故か彼女は「さん」付けの呼称になっている。2年前、都内の某SRでこの人と会ったのが、私のこの世界に転落するきっかけだった。その後、現在まで、2年の月日が流れるうちに、多くのドールを手元に迎え、また、手放しを繰り返してきたのだが、やはりこの人は、自分と強い繋がりがあるように思う。顔も何度か変わったし、その他色々、かなりの変遷を遂げているが、自分にとっては、大切な存在だったりする。紹介の場にはふさわしくない装いのようにも思ったのだけれど、今、現在、この格好なので、そのまま紹介してしまった。自分としては、ずっとこの正統派のバニー服っていうのを探していたので、とても気に入っており、まだしばらくこのままに・・・と考えている。<中>{}
引越し前の記事 |トラックバック(0) |コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。