スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

里レポの前に・・・

なかなか、里のレポートに辿り着けないポチです。
記憶が霞む前に、頑張ってレポらねばっ!

それはさておき、今回はDollの話じゃないです。
そこの所、覚悟の上で、続きにお進み下さい。

だんだん、暑くなってきました。
そして、きっと今以上に暑くなるのでしょう。
また、35度とか、36度とか、体温計の数字の如き、
凶悪な気温に苛まれるのかと思うと、今から既に
憂鬱です。

さて、そんな暑い夏。
さすがの私も、一応、私なりに食欲減退するのですが、
けれども、夏になると猛烈に食したくなるものが2つあります。
ひとつは、「うなぎ」。
きっと、丑の日の影響で、それは食べるものだという
深い暗示にかけられてしまっているせいでしょう。
くっそう・・・、源内にまんまとハメられてる。

そして、もう一つ。
これは、他では聞いた事がないのですが、「ステーキ」が
どうしても食べたくなってしまいます。
それも、中途半端なものではなく、美味しいやつを!

お肉大好きな私にとって、「ステーキ」は外せない
大切なメニューなので、あちらこちらで食べてみましたが、
意外と好みのものに辿りつけずにおります。
ステーキはドカンとお肉をやっつけるタイプのお料理なので、
前菜や添えつけ野菜にこだわったりしてるような
品の良いのは、どうも違うと思ってしまいますし、
サシの一杯入った、コッテリとしたお肉も、それはそれで
悪くはないのですが、ステーキには不向きと考えます。
赤身を存分に味わわんと、豪快に切り分けたサーロインを
分厚い鉄板で見事に香ばしく焼いてこそ、ステーキ!
(ああ・・・、書いてるだけで、たまんないや・・・)

そんな私の理想を体現してしくれているお店は、
私の知る限り、栃木県宇都宮市にございます。
宇都宮駅の東口から少々行った所にある
「グリル富士」というお店。
お外でステーキを食べるなら、例え電車に数時間
揺られようともっ!ここでないとっ!
と、ポチは考えます。
そして、ここのステーキがあまりにも美味しいので、
若かりし日には500gなんていう巨大なのまで
完食してしまった事もあり・・・。。
今は、随分と遠い町で暮らしているので、行く機会が
なく、悲しい事この上ないのですが、ネットで眺めた
所、今もきちんと営業中のようで。
あ~、良かった☆

今年の夏には叶わないかもしれないけれど、
いつの日か、きっとまた味わいに行こう!
そういえば、宇都宮には「天使の住処」もあるのでした。
天住みをウロウロと散策して、その後ステーキなんて、
夢のコースだなあ・・・。

ちなみに、そんな遠い町に思いを馳せる最近の私は、
ステーキは外で食べずに、専ら家で焼くようになりました。
そして、いつの間にか得意料理になっちまったよ。
フッフッフ・・・。


引越し前の記事 |トラックバック(0) |コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。